[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Edit]

はじめに。。

1週間前、まさかこんなブログを書く事になるなんて思いもせず
明日は病院に行って下痢止めと風邪薬でも貰おうと思っていた。

1年前の今頃、サスケは家に来たばかりで先住猫のベルの洗礼をうけて
少しビクビクしながら家中を探検していた。
ベルに気を使って1日目だけ部屋を分けたその日の夜中、
様子を見に部屋に入ると、ポツンと1人でハウスに入っていたサスケが
物凄い大きな音で「ゴロゴロゴロゴロ」と喉を鳴らしながら、
ソファに座っている私の膝に乗ってきた。
相方のベルには挑戦的な態度をとるのに、人間に触れられるとすぐに
ゴロゴロと喉を鳴らして顔を擦り付けてくる、とても穏やかな仔だった。

一昨日末期の腎不全と診断されたサスケの闘病記録です。
サスケの頑張った記録を元気だった頃書いていたブログとは分けて、
こちらに綴ろうと思います。

もう少し早く気がついていたらここまで重症になる前に
なんとかなったかも知れない。
一番近くにいたのに低年齢だからと見逃してしまったサスケからのサイン。
少しでも、同じ猫を飼っている人、これから飼おうとしてる人達の
参考になればと記録をつけました。

s-f2.jpg
-2009年9月-
スポンサーサイト

[Edit]

脱水

2009.1/29-2/2

軽い下痢だった。でもなんとなく最近ベルと暴れてる姿を見てないな、
ちょっと元気がないな位に思っていた。
金曜の夜だったので、明日病院に行かないと日曜日はお休みだし。
もしかしたら風邪をひいてるのかもと思っていた。

翌日病院で診察すると、少し脱水症状がある。下痢のせいでしょうと
輸液の注射と下痢止めを貰う。
下痢は治まったが、相変わらず静かなサスケ。
月曜の夜には食欲もあまりないようなので火曜日に再診察。

脱水がまだあり体温が36度台。
36度台って・・・獣医さんが何回か測り直すがやはり同じ。
低体温どころではない。
また輸液と体温を上げる薬や食欲増進剤などを打ち、
「これで元気にならなかったら明日血液検査をしましょう」と
言われ帰宅する。

どーしたんだよサスケ。。
水だけは飲むがこの日は猫用のかまぼこを食べただけだった。
ずっとうずくまったり箱座りして動かない。
お願いだから薬、効いてくれと願う。

[Edit]

血液検査

2009.2/3
相変わらずの脱水に加えて日に日に元気が無くなってきている。
血液検査を午前中に済ませ、午後一番で結果を聞きに行った。

kensa1.jpg

kensa2.jpg

「凄く良くないねぇ・・」
赤い上向きの↑の項目は全て腎臓に関わる項目だった。ネコ:の横の数値が正常値。
素人の私にもただ事じゃないのがわかる。

サスケの年齢で腎不全は凄く珍しいらしい。
何か毒物を誤飲したり、不凍液を舐めたりした場合急性腎不全になる事があるけど
サスケの場合はもしかしたら先天的に腎臓が弱い仔だったんじゃないかと言われた。

「すぐに点滴をして尿をどんどん出さないといけないから、数日預かります。ただ、
猫ちゃんの場合暴れたりして針を抜いたり管か絡まったりでうまくいかない場合があるから、
その時は今まで通り皮下輸液の注射を朝晩しに通って下さい」

一旦帰宅して夕方また行くことになったので帰って
猫の腎不全について片っ端から検索した。
調べて行くうちに、サスケの数値が腎不全でも末期であることがわかった。

[血液検査]の続きを読む


プロフィール

mii

Author:mii
サスケ♂1歳5ヶ月

*1年前ボランティアの方から
引き取る。人間大好き。
ベタベタの甘ったれ*

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。